ジャケットを買う際に良いものを選ぶコツは?

偏にジーンズと言っても、安いジャケット、高いジャケットでそれぞれ選ぶ際に意識すべき項目は異なります。
安いジャケットには安いジャケットなりの選び方、高いジャケットには高いジャケットなりの選び方があるので
今回はそんなジャケット選びの際に意識すべきポイントをまとめました。
是非、参考にしてみてくださいね。

●安いジャケット

安いジャケットを買う際、良いものを選ぶには、どんなことに気をつけたら良いのでしょうか。
コツをいくつかまとめてみました。

・使用用途によってカラーを選べば魅力がUP

安価なジャケットでも使用用途でカラーリングを選べばよりお洒落を楽しめます。

ジャケットはフォーマルでのアイテムとして扱うのならば黒が一般的ですが
カジュアルで使うのならば、黒は重く感じられやすいので青色などの爽やかな色をチョイスするのが
望ましいです。
こうした使用用途を定めることにより、自身のスタイルでの効果的なアイテム選びが行えるようになりますよ。
少なくとも、高い物を買ってみたけど一度着てみたらあまり良くなかった、という事態は
避けられるはずです。

・ジャケット特有の厚みにも目を向けよう

ジャケットはその独特の厚みから風格や質感がでやすいのが特徴。
安物だと薄くペラペラしたものが多く、上記の役割を果たすことが出来ないので
その点については選ぶ際に注意しておきましょう。
安価でも厚みのあるジャケットはあるのでしっかりチェックして着た時にスタイルに応じた風格が
出るようにしてくださいね。

●高いジャケット

高価なジャケットを買う際、どのような事に気をつけたら良いのでしょうか。
下記にまとめてみました。

・テーラードジャケットを買うことも視野に入れよう

市販のブランド物ジャケットももちろんおすすめですが
自身のスタイルに合わせて作ってくれるテーラードジャケットもこの場合では選択肢に含んでも
いいでしょう。

細かい部分の要望や好みを聞いた上で作ってくれるのでブランドアイテムには無い
相性の良さを生み出してくれますよ。
専門の職人が関わる分値が張りますがそれに見合った価値を感じられるはずですので
試したことが無い方はこの機会に行ってみても良いかもしれません。

・用途に合うジャケットかどうか考えよう

ジャケットは高級品になるにつれて風格や品格がかなり感じられるようになっています。
そのため、場合によってはビジネスやパーティで着る場合に過度な高級感を与えてしまうことも
十分あり得ます。年齢の若さ、体格にとっては違和感が生まれやすいかもしれませんので注意しましょう。

良いファッションを作るには自身の体に適したアイテムを用いるということが最低限の条件ですので
自身のスタイルに合ったアイテムをチョイスしたい所です。

ジーンズを買う際に良いものを選ぶコツは?

偏にジーンズと言っても、安いジーンズ、高いジーンズでそれぞれ選ぶ際に意識すべき項目は異なります。
安いジーンズには安いジーンズなりの選び方、高いジーンズには高いジーンズなりの選び方があるので
今回はそんなシジーンズ選びの際に意識すべきポイントをまとめました。
是非、参考にしてみてくださいね。

●安いジーンズ

安いジーンズを買う際、良いものを選ぶには、どんなことに気をつけたら良いのでしょうか。
コツをいくつかまとめてみました。

・自分がジーンズに何を求めるかを考えておこう

安価で良いものを選びたいという時には自分が一番重視している点を
しっかり意識しておくことが大事。
これはジーンズにおいても例外ではなくシワや色合いなどの”味わい”を求めるのか
腰回りのラインを演出するための”フォルム”を求めるのか、それぞれどちらかを選ぶ必要が出てくるでしょう。

もちろん予算が潤沢にある場合や両方の要素が両立されているアイテムの販売などで
状況が変わってきますが、このケースではその二通りの方向性から選ぶことが望ましいです。

・ノンブランドのダメージジーンズもチェックしてみよう

ダメージジーンズは購入の際、値が張ることがありますがそれはあくまでもブランド物の場合。
ノンブランドアイテムならばそこまで価格は高くはありませんし
個性的な面もしっかり出せます。

もし、安価で高級品に近い魅力を感じさせたい時はノンブランドのダメージジーンズを
チェックしてみると良いでしょう。

もし古着でも構わないのならばフリーマーケットやオークションで掘り出し物を
探してみるのも手です。

●高いジーンズ

高価なジーンズを買う際、どのような事に気をつけたら良いのでしょうか。
下記にまとめてみました。

・保証書などがあれば入手しておくこと

もしプレミアムジーンズやヴィンテージアイテムを購入するならば
高級なものであることを証明する保証書やタグの有無を確認しておいてください。

ファッションの見た目自体には関係ありませんが
このような書類によってブランドの高級性をしっかりと把握することが出来ます。

しかも場合によっては処分する時にある程度の価格で捌くことも可能になります。

・手入れ方法は把握しておくべき

高価なジーンズになればなるほど専門的な手入れが必要になっていきます。
たとえ着用しないというケースでも劣化対策に覚えておくのが望ましいです。

ヴィンテージジーンズは特にシワや擦れによるデニム生地の”表情”が魅力的なので
極力それらの良い要素を損なわないように扱う必要があるでしょう。

高価といえどもデニムジーンズは比較手に入れやすい部類のアイテム。
なおかつコレクション性もあるので多くの方が集めています。
もし購入する場合は今回紹介したことを意識してみてくださいね。

3万円以内の予算でコーディネートを考える場合のポイントとは?

メンズとレディース、同じ3万円を使ったコーディネートでも
気を付けるべき要素、アイテム選びなどは全くことなります。
今回はそんな3万円以内のコーディネート選びの際に参考になるポイントをまとめました。

●メンズの場合

3万円以内の予算でメンズコーデを考える場合、どんなことに気をつけたら良いのでしょうか。
ポイントをまとめてみました。

・アクセサリーを取り入れてみよう

3万円以内でメンズコーデを組むならば
時計やネックレス等、アクセサリー類を身につけることを考えておきたい所。

メンズではアクセサリーを身につける人、身につけない人に分かれますが
こうした装飾品を身につけることもファッションでの醍醐味と言えます。
もちろん、ネックレスに抵抗があれば腕時計のみでもいいですし、ピアス、
ブレスレットなどでも良いでしょう。

もしアクセサリーを取り入れる場合は、出来るだけ肌の露出した部分につけるようにしましょう。
より金属感や輝きが映えますよ。

・ファッション性だけではなく機能性や快適さを取り入れてみよう

1~2万円以内の予算ではファッション性重視が基本です、
しかし3万円程の予算であればそれに加えて機能性や快適さを踏まえたアイテム選びが行なえます。

特にこの場合意識したいのは靴下、下着、ジーンズなどフィット感を大事にするアイテム群。
価格が低いもので満足できなかったのが高めのアイテムを購入したら
その快適さから、愛用するまでになってしまったというのは良くある話です。

細かい部分ですが、それらに目を向けてみると外出もより楽しくなるでしょう。

●レディースの場合

3万円以内の予算でレディースコーデを考える場合、どんなことに気をつけたら良いのでしょうか。
ポイントをまとめてみました。

・ブランドの質やランクも意識して

この予算帯ではブランド物でも好みの物を取り入れやすい傾向にあります。
様々なブランドアイテムを混ぜ合わせて扱う前にそのブランドの質やランクについて考えてみましょう。

一概にブランドランクの高い低いは言い表すことが難しいですが
グッチ、シャネルなど名前の挙がりやすい、古くから続いている大手ブランドは品格や
質が格別なものとされています。

そうしたブランドアイテムとノンブランドアイテムなどを何も考えず混ぜ合わてコーデに組み込むと
質の差が目立ちすぎて全体的に違和感のある装いになるので気をつけてみてください。

もちろん2000年以降に作られた比較的活動年数が若いブランドでも短期間でブームを起こしたりなど
大手ブランドに引けを取らないものもあるので、コーデアイテムを選ぶ時は幅広く目を向けたい所です。

ちなみに後者はこの予算帯ならば手に入れやすい傾向にあるので今回のケースでは特におすすめですよ。

・人から見えにくい部分まで目を向けてみる

今回は予算がある程度あるので、バッグの内装の作りにこだわってみたり
ある程度高価な小物を購入したりすることも可能です。

こうした普段人から見られない所でも好み、スタイルに合わせたアイテムを用いることで
ファッションや外出が楽しくなりますよ。
もちろん人に見せても良い印象を与えられますし、自分だけで楽しめむ方法もあります。
好みのこだわりの仕方をしていきましょう。

お気に入りブランドやデザイナーがあるという方は是非考えてみては如何でしょうか。

2万円以内の予算でコーディネートを考える場合のポイントとは?

メンズとレディース、同じ2万円を使ったコーディネートでも
気を付けるべき要素、アイテム選びなどは全くことなります。
今回はそんな2万円以内のコーディネート選びの際に参考になるポイントをまとめました。

●メンズの場合

2万円以内の予算でメンズコーデを考える場合、どんなことに気をつけたら良いのでしょうか。
ポイントをまとめてみました。

・ベルト等のアイテムに目を向けよう

この予算体ではトップス、ボトムスといったメインアイテム以外に
ベルト、ハット、シューズのアイテム選びを考えることが出来ます。
これらのアイテムはメンズならではの重厚感や存在感を表すことが可能になるので
一歩進んだコーデを行いたいのならば是非取り入れるべきでしょう。

また、メンズは比較的コーデのアイテム数が少ないのでこの予算内でもブランドアイテムを
コーデに加えられます。
この際スポーツブランドも視野に入れて装いを決めるとファッションの幅がかなり広がりますよ。

・服装の品質、生地などの調和を考えよう

今回のケースは予算がそれなりにあるので様々なアイテムを試してしまいがちです。
しかしこの際、生地質やその関係性の与える効果はしっかり把握しておかなればいけません。

特にウールやサテンの物、ニットアイテムはそれぞれ個性が現れやすいです。
何も考えずにそうしたものをコーデに取り入れるとチグハグな印象を生みやすいので、
全体の調和を考えた上でファッションを構築しましょう。

基本的なことですがこの予算帯のアイテム選びだと、そうした
調和を無視してしまいやすいので、事あるごとにファッションのバランスを確認しておきましょう。

●レディースの場合

2万円以内の予算でレディースコーデを考える場合、どんなことに気をつけたら良いのでしょうか。
ポイントをまとめてみました。

・余裕を持ちやすい予算に思えるが、アイテム数によっては厳しくなる

一見余裕のありそうな予算額ですがそれでも
まだある程度の着こなしの工夫や着る状況を考えなくてはいけません。

被り物、バッグ、その他ファッションアイテム…といった部分まで意識すると
予算がそこまで潤沢ではないのが分かるはずです。

基本的にこの予算帯では好みのスタイルを作る事ができるので
それに応じた安価なアイテム選びが重要になるでしょう。
サブカル系ファッションなら安価なトートバッグでもよく似合いますし
クール系ならばスラッとしたラインを邪魔するものでなければそこまで高級性は問われないでしょう。

また、ファーアイテムのような多少値が張る傾向にあるアイテムはこの予算帯から
手が出せるようになっています。
冬服コーデを考えるならば是非検討したい所。

市販の衣料の殆どは価格の高いものほどそれなりの品格や風格を持つようになっています。
そのため、1つだけ高価な物をコーデに配置すればそれだけが浮いてしまうことも。
ファッションアイテムの価格を揃えることはコーデのバランスを整えることでもあるのです。

1万円以内の予算でメンズコーデを考える場合のポイントとは?

メンズとレディース、同じ1万円を使ったコーディネートでも
気を付けるべき要素、アイテム選びなどは全くことなります。
今回はそんな1万円以内のコーディネート選びの際に参考になるポイントをまとめました。

●メンズの場合

1万円以内の予算でメンズコーデを考える場合、どんなことに気をつけたら良いのでしょうか。
ポイントをまとめてみました。

・限られた予算ではメインのアイテムを決めておくことが大事

1万円以内のような少額の予算でコーデを考える場合、まずどの部位をメインに見せたいのかを
はっきり決めておきましょう。
こうすることでトップスに3000円、ボトムスに5000円、アウターに2000円と予算の割振りがしやすくなります。
もちろん、アウターを脱がないのであればトップスは安めに済ませてアウターをより価格が高いものに
するという工夫も可能です。

Tシャツ、ジーンズなどの軽装であればアイテム数が少ないので
両方ある程度良いものにすることが出来るでしょう。
トップスにはオリジナルTシャツもおすすめですよ!

・最もお金がかかりやすいのは冬服

冬服となるとコートや厚着のアイテムが必要になるのでコーデにお金がかかりがちです。
マフラーなどのアイテムも含めると1万円の予算では厳しいものがあるかもしれません。

しかし、前項目で紹介したアウターを脱がない場合のトップスのように、人に見えない部分のアイテムに使う予算を下げて
他の部分に予算を回すという工夫をすれば、ある程度好みに合ったコーデが行えるはずです。
コストパフォーマンスを更に考えるなら古着を購入することも視野に入れても良いでしょう。

●レディースの場合

1万円以内の予算でレディースコーデを考える場合、どんなことに気をつけたら良いのでしょうか。
ポイントをまとめてみました。

・アイテム数の多いコーデをしない

この予算内でコーデを行う場合はアイテム数の多いコーデにしない、ということが
上手くやり繰りをするポイント。

例として言うならばスカート+ブラウス+カーディガン+アクセサリ+小物の組み合わせがこれに
当たります。これだけでも5点あるので、
予算を1万円以内に抑えるのはやや厳しくなってきます。

かと言ってアイテム数を少なくした、メンズスタイルのようなTシャツ、ジーパンの軽装も
人を選びます。

ですのでこのケースでは基本的に最低限の3アイテム程度に絞り
アクセサリーはブランド物を扱わないのがポイント。その方がより
目立つ部分に予算が使えますし好みにもある程度対応できます。

・色を上手く使う

予算が限られている場合、アイテムを揃えてもなんとなく締まらない、と感じる方は
意外に多いです。
そんなときにはカラーで個性や品格を出して芯のあるファッションにしましょう、
オススメは紫、赤など気品のある色。
こういった女性の華やかさを出してくれる色合いは、
コーデにリッチな見ごたえをしっかり与えてくれますよ。